電話占いアルティマblog

鑑定例やお客様からの声などを掲載しています

カテゴリ: 先生へのインタビュー

Q.
れみ先生はいつ頃ご自身の霊力に気付かれたんですか?
れみ
子どもの頃から言ったことが叶ったり、ふと虫の知らせのように人の死が分ったりしていました。小学校1年生の時には遠くにいる祖父が亡くなったことが感じられて、母親に言うと、その夜訃報が入ってきたんです。そういうことが日常茶飯事でしたから、母親が不思議がって、私にあれこれと聞くようになっていました。
Q.
先生のお力は天賦のものなのですね。
れみ
ええ、でも自分の能力を人に話すのは不得手ですし、できればしたくないと思っているんですよ。別の仕事をしていた時期もありまし、占いは人から頼まれて、個人的に人を占うことはありませんでした。でもある時、恋愛のご相談をされていた方だったか、その方の下腹部に異変を感じて、遠回しにですが、体調をお聞きし、病院に行くことを強くすすめたんです。その後、その方は子宮がんだったことが分かって・・・。早期だったので、数年後には出産もされましたが、「早く分かって良かった」と心から思いました
Q.
”ふと視える”ような感覚なのですね。占い師になられたきっかけを教えてください。
れみ
凝視するような感覚ではなくふっと浮かぶように視えます。転機になったのは、30年ほど前、ちょうど霊力が大きくなっていた頃でした。普通にお話していた時に、「○吉」「○左衛門」という二つの名前が聞こえてきて、その方に「ご存知ですか?」とお尋ねしたら、「うちの父と祖父です」というのです。その方はとても驚かれて、それをきっかけに対面鑑定を始めることになったんです。すぐに私の名前が広がって、たくさんの方がいらっしゃっていましたが、次第に熱心な顧客の方で、私を教祖にする話が出てしまって。こんこんと説得されましたが、私はそういったことに関心がなく、それ以来、占いは止めてしまったんです。
Q.
さまざまな人生経験を経て、当社とのご縁が結ばれたのですね。
れみ
母の介護もありましたし、一時別の仕事をし、それでもまた占いの世界に戻りました。振り返ると鑑定師としてのキャリアはとても長いものになっていました。御社に入ってからまだ数ヵ月ですが、たくさんの方とお話しできて嬉しく思っています。リピーターさんも増えてきて、本当に有難いことですね。
Q.
やはり占いの道で生きて行こうと決められたんですね。
れみ
ええ、生涯、占い師として生きていこうと決めています。私はあっさりした性格で、周りからも「欲がない」といわれるんですが、生きる道、こうありたいという気持ちには目覚めています。生きる上では何があっても諦めずに、自分の想いをつらぬくことですよ。”運命に逆らわずに生きる”といいますが、運命は自ら切り開くものです。運命は変わります。気付きを得て、「これじゃだめだ」と思った時から人生は変わっていくのです。あんのんとシスターをしていたマザーテレサが啓示を受けて、至難に飛び込んでいったように・・・それが導かれるということです。才能に気付くことができれば、他方向に可能性は伸びていくのです。
Q.
それでは最後にメッセージをお願いします。
れみ
鑑定では私がお悩みをすべて解決するとか、運命を変えようなど仰々しく考えていません。私は運命を切り開くお手伝いをするだけ。どうか心に固執した悩みを解き放って、前を向いて笑顔でいるようにしてください。辛い時は私が誠心誠意、自分の心に恥じない鑑定をさせていただきます。

Q.
どのようなきっかけで占いの道に入ったのですか?
モナカ
子どもの頃から不思議な経験をいくつもして、いつも「何故わかってしまうのだろう」と思っていました。思春期の頃には、「霊感を持っている」とはっきり自覚するようになって。あるとき、占いに行ったら、後に師匠となる人なのですが、その方に「あなたは霊感が強い」からと占いの道を強く勧められたのです。それが占いの道に入るきっかけですね。
Q.
占い師になってみて、いかがでしたか?
モナカ
「自分が占い師なんて・・」と最初は思いましたが、師匠が「この世界は努力とか鍛錬というものではなく、生まれ持ったものの世界」という言葉に背中を押されました。持っているものを生かすだけでいいと。半信半疑ではあったのですが、鑑定を始めると、的確な霊視ができている自分に自信を持つことができました。それから20年経ちますが、今でもその気持ちは揺らぎません。
Q.
どのように鑑定していくのですか?
モナカ
例えば恋愛相談で、相手の気持ちを知りたいとき、男性の姿がふっと現れるように視えるんです。「180cmくらいのすらっとした長身で面長の方が今、来ていますよ」というと、相談者さんも「えー!」という感じで驚かれます。その男性が霊感がある方だと、「彼女は心配性だから、こういう言葉は使わないで」とか注文されることもあります。そのままお伝えしませんが、そういう時は「心配しなくても大丈夫だけど、こういうこともありますよ」とお伝えします。
Q.
恋愛の悩みは多いと思いますが、うまくいく秘訣はありますか?
モナカ
彼に愛され続けたい、復縁したいという方は多いですが、どうしてもうまくいかない人というのは、自分のエゴを押しつけてしまう人。とにかく自分の希望ばかりを出しすぎると、人間関係でも何においても、うまくいきません。。いつでも一歩引いて感謝の気持ちを持つこと。無償の愛というのは難しいのですが、何かしてあげたことが返ってこない、そういうときは愛することを学ぶときなのです。恋をしている自分ではなく、無償の愛に近い本質的な幸せに焦点を合わせていくことです。
Q.
幸せになるには我欲にとらわれてはいけないんですね。
モナカ
現状を変えたい、環境を変えたい、そう思うなら表面的なものから「心」に頭を切り替えなければなりません。原点に立ち返って根本的な部分に幸せを見つけると、現状は少しずつ変わっていきます。
Q.
どうしても一緒に居続けられない相手はいるでしょうか?
モナカ
喧嘩をしても、もともとの相性がよい関係は長く続きます。喧嘩はしないのですが、違和感がありずっと悩んでる方もいますね。こういう方は出会いは必然であったのですが、運命の相手では無いということ。あまり会っていなくても、心と心がつながっていたり、不倫でも本当の関係ということもあります。付き合っているのにつらい、一緒に生きていくのに、すごくパワーを使うというのは、残念ながら相性の良い相手とは言い難いのです。
Q.
運命の相手は自分が楽でいられる相手なんですね。
モナカ
関係を続けていくには忍耐や努力が必要だとよく言いますが、運命の相手とは本来心地の良い関係です。人生において自分らしくいられる人や場所というのは幸せの原点のような場所。居心地の良い毎日で、ふとした幸せに気づくのです。私はそういう場所に皆さんを導きたいと考えています。幸せに翻弄されるのではなく、自分の中の幸せに気づくことから始まるのです。

Q.
オリエ先生は、どのような経緯で占いの道に入られたんですか?
オリエ
もともと曽祖母がイタコで霊能の家系にあったので占いは好きでしたし、よく当たりましたね。10代後半はモデルをしていたこともあるのですが、どの先生に視てもらっても占い師になるように勧められたんです。若い自分にはその意味はよく分かりませんでしたが、結局17歳の時、自然な流れで占い師としてデビューしました。
Q.
多くの方に望まれて占い師になられたんですね。
オリエ
そうですね。デビュー後も、17歳で仕事の作法も知らないような頃でしたが、視えたものを正直にお伝えしていきました。それが評判となり、クライアントさんが増えていって。それからずっと、たくさんの方の期待に応えてるうちに、どの会社にいてもナンバー1の実績を積み重ねることができたんです。今は40代に入りましたが、振り返ってみると多くの方々のバックアップがあったから今の成功があるのだと心から感謝しています。
Q.
オリエ先生の鑑定はどのように進められるのですか?
オリエ
占いを始めた当初から変わっていないのですが、基本的には最初から霊視していきます。相談者さんが望まれればお話を詳しくお聞きすることもありますが、私の場合は何も仰られなくても大丈夫です。相手の男性の外見や性格、お悩みの本質など私からお伝えすると、だいたい9割以上の確率で「当たっている」と驚かれますよ。
Q.
先生の霊視は本当によく当たると評判ですね。縁結びもお願いされる方が多いようですね。
オリエ
霊視では嘘は言えないので、真摯に視えたままをお伝えしますが、できるだけその方希望が叶うよう、縁結びもしています。相手の男性と相談者さんの周波数を合わせ同調させるようにすると、二人の距離が縮まり、関係がスムーズに進展していきますし、まったく無理そうな恋でも男性のハートチャクラにエネルギーを吹き込むことで恋が動くことがあります。もちろん占い師は魔法使いではないので、120%の保証はできないのですけれど・・・
Q.
恋愛で悩む方の強い味方ですね。
オリエ
ありがとうございます。そのほかにもすべての人が持っているカルマを解除したり、祈願引き寄せをしたりもしています。カルマ解除をすると、ふわっとした感覚になってネガティブな感情がポジティブになっていくので、マイナス思考が強い方にもおすすめします。何度か続けてセラピーすることで、根本的なお悩みを解決していくことでしょう。
Q.
普段、鑑定の中でどのようなことを感じていらっしゃいますか。
オリエ
良い心掛けや波動をよくするというのは確かに大切ですが、世の中はそんなにきれい事だけでは上手く行かないものです。愛したら嫉妬するのも当然で、ネガティブさを持つのも悪いことではないと私は思っています。相談者さんそれぞれに必要なアドバイスはまったく違っていて、すべての問題で清く正しい解決法が通用するわけではありません。怒りたい時は怒って、嫉妬によって苦しむことも人生のうち。それが普通の人間ですから、一概に善であろうとする必要はないのです。
Q.
それでは最後にメッセージをお願いします。
オリエ
10代でデビューしてから、数十年経ちますが、様々なお悩みを解決する中で、今では占いの道で生きていくことが自分の使命だと感じています。鑑定では結構はっきり言うタイプで、しつかり最善の道をアドバイスしていきたいと思っています。

Q.
霊感・霊視で、気持ちや未来まで透視するミエコ先生ですが、鑑定の際は何を感じ取っているのでしょうか。
ミエコ
ご相談者の心にある思い、出来事が映像で視えるのです。問題のポイントとなる部分に意識を集中することで、言葉とか、状況が細かく把握できます。
Q.
最近先生に寄せられるご相談で、何か傾向はありますか。
ミエコ
人それぞれ違うのですが、共通するのは、「自分の事が分かっていない」ということ。たとえば、ある女性が結婚相手の条件として、年収いくら以上で、仕事はこんな業種で・・・という理想があって、結婚相談所に紹介をお願いしますよね。けれど実際にその条件に見合う方を紹介してもらっても、どうしても好きになれない。それは、自分に合うのがどういう男性なのか分かってないからなんですよ。世間が”良い”とする理想が、自分に合うとは限らないですよね。年齢が上になるほど理想が固まって、”どうしてもこの条件の人じゃないと、自分には合わない”と思い込んで、相手に合わせられなくなってしまうのです。
Q.
自分を知るためにはどうしたらよいでしょうか。
ミエコ
まずは自分にとっての理想のタイプを書き出してみましょう。そういう人と結婚したらどうなるだろう?とシュミレーションをします。子どもは?仕事は続けている?どんな生活を送っている?・・・など。細かく考えていくと違和感のあるポイントが出てくると思うんです。たとえば、キャリアを重ねる仕事ができて年収が高くて・・・という理想の男性像を持っていたとします。彼は忙しいから、彼女は専業主婦になって家事をして、彼の帰りを待って・・・という姿を自分に当てはめた時、「私、仕事を辞める気ないんだけど」と気づきます。ということは、どんなに年収が高くなくても、働くことに理解ある人のほうが合いますよね。
Q.
不安定な時代が続きますが、相談にも世相が反映されますか。
ミエコ
仕事でウツになったり、失業者を支える家族の方のご相談や、恋愛がうまくいかない原因に不況がある時もあります。収入が安定しないから結婚できないというような。
Q.
そんな厳しい社会でも幸せに生活していくには?
ミエコ
考え方を柔軟に変えていくだけで、快適に過ごせるようになるのです。給料やボーナスがカットされても、今まで、その金額が何に使われていたか思い出してみて下さい。海外旅行や洋服、食事・・・。今までできたことができなくなるからストレスになってしまうのです。やらないのではなく、ランクを下げてみてはいかがでしょう。1万円で外食していたところを5千円にする。5千円でも美味しいものを見つけて、”良かった”と思えることが喜びではないでしょうか。贅沢=喜びとは違うんですよ。人には適応する力があります。それをいち早く実践した人が幸せでいられるんだと思います。

Q.
ホコ先生の占述は霊感、霊視だそうですが、詳しく教えていただけますか。
ホコ
私の鑑定は特に感覚と感性に頼っていて、守護霊から言葉と映像が伝えられます。時には相談者の守護霊から直接メッセージをいただくこともあります。
Q.
その能力はいつから?
ホコ
子どもの頃から特殊な経験をたくさんしました。通常見えないものが視えるし、感じることができる。そして、なぜ人間は生まれ、なぜ自分で勝手に死んではいけないのか、ということを考えるような子どもでした。わずか5歳児で。
Q.
相談内容で多いのは?
ホコ
1番多いのは恋愛。次に仕事関係や家族のこと。最近は、目標や夢のない方が多いと思います。仕事も別に今のままでもいいけど、つまらないから漠然と結婚したい。やりたいことも趣味もなく、日々、不平や不満が募ってしまう。「幸せになりたい」と言うけど、じゃあ「あなたの幸せの定義は?」と聞いても答えられない。まずは、どんな人と結婚して、結婚したらどんな生活をして、子どもは何人欲しいのか、ということを一つひとつクリアにしていく必要があるんですね。具体的な目標がないと、たとえ運命の相手が現れても、気づけなくて素通りしてしまう。だから、夢や目標を持つことは、アンテナを立てておくということなんです。そういう心の改革を一緒にしていきたいと思っています。
Q.
幸せを掴みやすいのはどのような人ですか?
ホコ
どんな環境でも、妬み、ひがみなどマイナスの感情を口に出すのはやめましょう。たとえば仕事で成功している人に「失敗しちゃえ」と念じても、いずれは自分に還ってきてしまいます。また、周囲にいじわるで嫌いな人がいたとしても、その人がいてくれたからこそ、自分はそんな人間にならずに済んだのだから、嫌な相手にも「ありがとう」と感謝です。マイナスのイメージや、感情、言葉を持ってしまうのは、人間だから仕方がない。でも口に出す必要はないと思いませんか?言霊は魂を持っているから、口に出した言葉を現実に引き寄せます。「私なんて」と口にすると、そういう人しか寄ってこない。「私はできる」とプラスの言葉に置き換えることで、出会いの確率も変わってくるんです。「絶対幸せになる」と言い続けると幸せが寄ってきて、自然とそういう方向へ進む。だから考え方を変えましょう。「できる、やれる」という意識を日々身につけることで、環境も変わっていきます。
Q.
皆様へのメッセージを。
ホコ
人はこの世に生まれ落ちた瞬間に、どのような環境でいつまで生きるのかという大枠が決まっているのですが、生き方で人生の方向性は変わるのです。霊感霊視で未来を視ても、10年後といった遠い未来は確定していないのですから。日々の行動と思いで変わります。善悪どちらであれ、行いは必ず自分に還ってくる。私の今世の使命は人と関わることです。相談者さんとご縁を持ち、少しでもお役に立てるのは本当に幸せなこと。自分を幸せにするのは自分ですよ。自分を助け、理解できるのも自分。自分を大切に。

Q.
先生が占い師になられたきっかけは何でしょうか。
マナミ
きっかけはたくさんあって、前世で占い師だったこともあるんですよ。あと、私が11歳の頃、京都のお坊さんが突然家に訪ねて来て、「私はお大師さんに連れて来られたのですが、こちらに女の子がいらっしゃいますよね? 将来役に立つ子になりますよ」と言われたんです。また、母は近所の占い師さんから「トンビが鷹を産んだね」とよく言われてました。
Q.
生まれつき、霊能力をお持ちだったのですか。
マナミ
2,3歳の頃に霊的な幽霊を良く視たのですが、それを言うと嘘つき扱いされたりして、ヒステリックになってしまったので、あまり言わないようにしました。感覚も閉じていたら、波動や雰囲気を読む力が強くなったんです。20代後半から、家族まで前世の記憶をありありと思い出して、「アトランティスの時こうだったよね」「ヨーロッパで怒ったよね」とか、前世のケンカを今世で謝っていたりする(笑)。前世で私は、国を支える外交官や政治家をやっていたようなのですが、今世は本当に普通の体験をさせてもらいながらも、”これでいいのか?”という思いがありました。”人の役に立ちたい、出口がない人の支えになりたい”ってどうしても気持ちがそちらの方向に向いて、今、占い師をしています。
Q.
相談内容で多いのは何ですか。
マナミ
恋愛の相談が多いですね。特に片思いです。最近の30~40代の方は仕事でキャリアもあって、恋愛経験も少なくないのに、相手の気持ちを受け取るのが下手なんですよ。甘えベタですね。たとえば彼と食事に行って、ワリカンのほうが安心するし、彼に呼び出されれば自分から行く。彼が褒めてくれることがあっても、「そんなことない、私はまだまだ、こんな欠点がある」って、素直に喜べない。せっかく褒めても、彼は自分を否定されているような気になってしまいますよね。
Q.
そんな女性たちは、どのように彼に接すると良いでしょうか。
マナミ
言われたことに対して、素直に「ありがとう」と言いましょう。ご飯もおごってくれたら、「ごちそうさまでした。コーヒーは私がおごるね」って。嬉しいよと返してあげると、彼も自分の愛情表現を受け取ってもらえたと思うんですよ。そうやって彼の言葉を受け止めていくと、彼の言葉数も多くなってくるでしょう。男性は「付き合おう」とか、ハッキリ言葉にする人はすくないから、女性は不安になってしまうんですよね。そうやって私にされるのですが、本当の片思いというよりも、彼にその気があるのに、心がすれ違っている場合も多いんです。彼に「会いたい」と伝えるのも愛情表現かもしれないけど、女性だって、忙しい時に何度も言われると面倒でしょう?断りづらくてメールの返事も少なくなったりね。そんな時は、「前、会った時は楽しかったね。また楽しみにしているね」という内容のメールにすると良いでしょう。
Q.
先生の鑑定ポリシーは
マナミ
どんな時でも、ご相談者が幸せになってほしいとお祈りしてから鑑定しています。すると、エネルギーとして、幸せになる道ができ上がってくるのが分かるんです。

このページのトップヘ